健康リストバンド:HELOシリーズ

「革命だ!」
あるドクターが「HELO」を見て叫んだ。

ドクター曰く「日本は皆保険制度によって、誰でもいつでも診察を受けて必要な治療を受けることができる素晴らしい国になったが、まもなくそれは幻想となり、医師も患者も苦しむ時代になる」
まもなくを具体的に表現するなら、2025年問題と称される団塊の世代が後期高齢者の75歳になる頃を指すのだそうです。
そして「既に国(厚生労働省)は在宅医療に舵を切っている」
すなわち、患者が爆増して入院させてもらえなくなる。入院保険金ももらえなくなるのです。

そうなると何がどうなるのか、既に警察機関も巻き込んだ議論が進んでいるそうです。

そんな時代を予見して「HELO」に絶大な期待が寄せられました。

評価された点は、
1. 多機能性
2. デザイン性
3. 身体に負担がかからない点

まずは、製品紹介のビデオを見ていただきましょう。

HELO-LXを詳しく知りたい方はこちら(英語)

必要なことは、

  • 病気になる前の健康または未病な段階で、可能な限り予防できること
  • 在宅で医療を受ける際に看護する人の負担を、可能な限り軽減できること

HELOを始めるなら、若ければ若いほど良いわけです。

1. 多機能性

次の「単体で推定可能な項目」にあるように、推定項目の多さだけでなく、SOS発信機能や遠隔監視モニター機能など在宅医療時代を見据えた機能も備わっています。
日常的に推定し続けるには、ウエアラブルであることは必須要件ですね。
さらに「HELOはアプリで進化する」の通り、推定項目の拡充や利用シーンの拡大がアプリによって図られます。

2. デザイン性

医療目的の機器とは違い、日常的に装着されるHELOにはデザイン性が必須となります。
iPhoneやAppleWatchのコンセプトデザイナーであったアントニオ・デ・ローザ氏が参画して最も強化されたポイントです。
嗜好品とは違い、低所得者にも浸透する必要がある点は新しい挑戦になっていると同時に、見た目だけでなくアプリによって無限の可能性を追求するというコンセプトをアントニオ・デ・ローザ氏が強調されたことも、HELOは従来の医療機器などとは全く発想が違う機器になると期待されます。

3.  身体に負担がかからない点

医療機器を持ち歩いたことはありますか?
針を刺すのは好きですか?
針を刺す時の精神的な苦痛が毎日続くことを想像して見てください。

HELOは、100gで着けていることも忘れます。針を刺すこともありません。
まもなく、針も刺さずに血糖値や血中酸素量の推定が可能になります。

医療の世界でも、莫大な費用が投じられてウエアラブルなBIT(バイオインフォーメーショントレーサー)が開発されています。<参考>

戻る