HELOはアプリで進化する

HELOの推定項目は、アプリ(=アプリケーション・ソフトウエア)が追加されたり、アプリの一部機能としてプラグイン(=プラグイン・ソフトウエア)が追加されて進化します。

加えて、活用シーンに合わせたアプリも提供されます。
今、話題なのはフィットネス用のアプリ、HELOFitでしょう。

HELOの利用シーンや利用目的に合わせて、アプリを選んで使えるようになります。
フィットネスも、若い人の体づくりと高齢者の健康維持では使い方が違います。

ただし、より良い使い方は専門家の指導があった方が良いのは間違いありません。
アプリ任せにするよりも、目的にあった専門家、できればHELOの活用方法に長けた専門家の指導が良いと思いませんか?

「HELO愛好会 交流オンラインサロン」では、そのような出会いの場としても有効に機能することを目指しています。

iPhoneやAppleWatchのコンセプトデザインを担当してきた、World社のアントニオ・デ・ローザ副社長は来日された際に、iPhoneの成功の要素としてアプリによる進化を強く主張され、World社としてもOpenAPIを進めて世界中のアイデアをアプリと言う形で集約することで世界のNo.1になることを静かにしかし力強く強調されました。

戻る