グルコースモニタリング(血中ブドウ糖)〜Coming soon〜

ついに、針を刺さずに血中のブドウ糖レベルが推定できる!


今、世界的に血中のブドウ糖(グルコース)レベルが高いことを原因とする病気が増えていることはニュース等で知っていると思われます。

多くの人がこの血中のブドウ糖レベルのグルコースモニタリングによる推定に期待を寄せられているのではないでしょうか?

ついにグルコースモニタリングによる推定ができる仕組みHELO Extenseが、2018年1月9日より開催されたCES(国際家電ショー)で発表されました。

Fabio会長自らの解説動画です



針を指さない状態でグルコースモニタリングを推定できるなんてうれしい人は多いのではないでしょうか?

食事後の家族の糖負荷状態を知るのに役立ちそうです。

血中のブドウ糖(グルコース)が慢性的に高いと生活習慣病のリスクが高まることは、健康診断の際にもよく聞きます。

一方で、上がりすぎても下がりすぎてもフラフラして、意識が薄れて転んだり、自動車事故に繋がったりと不安は大きいそうです。

糖からエネルギーを得る解糖生命体と酸素からエネルギーを得るミトコンドリア生命体が上手く働くのが、今の生命体に重要なポイントなのだそうです。

問題は、どの程度が「上手」に働かせることになるのかがよくわからないことと、その方法を理解して実行することが今後の課題になります。

そんな「使いこなし」を愛用者同士で研究したり共有する場として「交流オンラインサロン」を開設しました。

ぜひご活用ください。

交流オンラインサロンはこちら

 

少々、閉鎖的な日本の医学界においても特に予防医学関連では、早期発見のために医療機関に行くよりも、10年後を見据えて「家庭の医学」レベルからグルコースモニタリングによって意識をもつことの重要性が説かれ始めているそうです。

情報提供は、グルコースモニタリングに限らず何か新しいニュースなどが発表される都度、不定期に提供いたします。

シュガートレンド・ソフトウエア


今後、シュガートレンド(仮)と呼ばれるソフトウエアが$299で提供されるとのことです。

このソフトウエアにはExtenseと呼ばれる透過型の指を挟む装置が付属することになっています。

現在、計測方法には透過型と反射型があり、当面は透過型が先行しHELO LX PROでは反射型で常時計測が実現されるものと思われます。

従来のHELO LXでは、シュガートレンドソフトウェアとともにExtenseを活用することで3レベルのグルコースモニタリングができる見込みで、HELO LX+(Plus)では9レベルのグルコースモニタリングが可能となる見込みです。