予防は人工知能と共に

人工知能(AI)の最も正しい活用方法は、健康のためではないでしょうか?

自動運転も重要な活用シーンです。戦争のための無人兵器利用は必要でしょうか?

質問があります。あなたはどちらを選びますか?
1)病気にならない美味しいサプリメント
2)副作用があっても病気を直してくれる苦い薬
残念ながら、病気になってしまった人は2)しか選択肢はありません。
しかし、健康な人には1)の選択肢があります。

ところで、人工知能(AI)はデータがなければ、ただの箱です。

病気にならないように予防するために必要なデータは病気のデータだけでしょうか?
最も重要なデータは、健康な状態から病気を発症する手前の未病状態の変化が克明に記録されたBIG-DATAです。
生活習慣病の謎を解き明かすには、生活習慣に迫る必要があります。

そして、人種や地域による違いに着目することで重篤化させないヒントが得られる期待があります。
地球規模で取り組む意味がそこにあります。

ベテランのお医者様が育つのに莫大な時間が必要です。
人工知能は機械学習と言う手法で、莫大なデータを読むことで圧倒的な力を短期間で生み出します。

もちろん、その力をどこまで活用すべきかを常に検証する必要があります。

まさに全地球的に取り組むべき一大事業なのです。

そんな大事業のお手伝いしてみませんか?

戻る